« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月31日 (日)

クレオメ→花火→Char

我が家の庭を探検してきました。

cleome1

ちょっと変わった花がありました。

cleome2

「クレオメ」という名前だそうです。

cleome3

上から見たら、花火みたいです。

そういえば、長岡まつりの大花火大会ももうすぐです。(8月2日、3日の2日間です)
我が家族は8月2日に観に行く予定です。
どんな花火が上がるのか楽しみです。(●^o^●)

只今、花火のようにバラエティーに富んだ、Charのリミックス・アルバムを聴いています。

B00005FJXNMix Char
Char Gomi Chocolate CHOKKAKU
ポリドール 1999-06-23

by G-Tools

オリジナルももちろんイイのですが、リミックスの仕方によりいろんな味わいになりますね。
楽しめますよ。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月29日 (金)

今夜のお酒

kire今日は暑かったです!
我が家では36℃超えを記録しました。
さすがにエアコンを使って、在宅ワークに励んでおりましたです。(^.^)
仕事を終えて、今夜の晩酌は、この1本。
ダウンタウンの浜ちゃんがCMやってる「サントリー キレ味(生)」
“消えるあと味、それがキレ味”というコピー
飲んでみての感想は…
全然キレてません!
あと味というか、味わいが無いです!
やはり、‘その他の雑酒’とはこの程度のものなんでしょうか?
期待外れの1本でした。

口直しというわけでもありませんが、次に冷酒を飲みました。
こんな感じです ↓

hiya

熱燗好きの私ですが、こんなに暑い日はさすがに冷酒になります。
冷えた超辛口の日本酒をグイッと!
こちらは美味しかったですよ!ヽ(^。^)ノ
おいしいお酒が元気の源です。

そして、今夜のBGMはコレです。

ジャズ・サンバ
ジャズ・サンバ

ジャズの名盤の1枚。
スタン・ゲッツ&チャーリー・バードの演奏。
先日紹介したイリアーヌのアルバムにも収録されていたジョビンの「ディサフィナード」「ワン・ノート・サンバ」も入っているけど、こちらの方が聞きやすいかな。
チャーリー・バードのギターがいいですね。

よしっ、明日は仕事だけど頑張るぞ!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年7月27日 (水)

夏のお楽しみ

我が家の夏のお楽しみが決まりました。
ささやかではありますが、8月6日の土曜日に日帰りで東京へ行きます!
今回は、中学生の娘が部活のため行くことが出来ず、小学生の息子と妻と私の3人です。
最初は、娘だけ置いては行けないかなと思っていたのですが、娘は3人で行ってきなと言ってくれたし、息子をどこにも連れて行ってやれないのもかわいそうだしということで、日帰りで行くことになりました。
時間は限られますが、目いっぱい楽しんできたいと思ってます。
たぶん、お台場にも行きます。
これからプランニングをしなくては…。

ただいまのBGMは、

B0000563GT風はジョビンのように
イリアーヌ エディ・ゴメス イリアーヌ・イリアス ジャック・ディジョネット
東芝EMI 1998-05-20

by G-Tools

イリアーヌ・イリアスのピアノ、エディ・ゴメスのベース、ジャック・ディジョネットのドラムス、ナナ・ヴァスコンセロスのパーカッションの編成でアントニオ・カルロス・ジョビンの曲を演奏しているのですが、いわゆるボサノヴァ的な感じではなく、いわゆるジャズ的な感じになっています。
今頃の時間に聴くのがいいかも。
なんで、コレを聴いたのかと言えば、昨夜、BSのWOWOWの番組で彼女のライブが放送されたのです。
しか~し、昨夜は飲み会があり、酔っ払って帰ってきて、ちょうど番組の始まる時間だったのでテレビをつけたまでは良かったのですが、見事に眠ってしまい、目が覚めたら、ちょうど終わりの時間でした。
悲しい~!(;_;)
というわけで、家にあったコレを聴いておりました。

PS そうそう、彼女はとても美人なのですが、ジャケットの画像が無くて残念です。興味のある方はチェックしてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

スター・ウォーズとルーサー・ヴァンドロス

昨夜から今朝にかけて、『スター・ウォーズ エピソードⅣ』をビデオで観ました。
ダース・ベイダーとレイアとの初対面、そして、ルークとの初対面。
ベイダーとオビ=ワンとの対決
等々、エピソードⅢを観た後では、新たな視点で観ることが出来ました。
奥が深いなー。

SWとはまったく関係ありませんが、今、↓を聴いています。

B0002CHOKKルーサー・ヴァンドロス・トリビュート
オムニバス カーク・ウェイラム ポール・ジャクソンJr. ボニー・ジェームス
ユニバーサルクラシック 2004-07-21

by G-Tools

私、ず~っと勘違いをしておりました。
このアルバムは今年の7月21日に発売されるものと…。
昨日、知人の所に寄って、そんな話をしたら、コレじゃないのと言って貸せてくれました。
コレでした!(大笑)

さて、気を取り直して、内容は、

1.エニイ・ラヴ(カーク・ウェイラム)
2.ネヴァー・トゥ・マッチ(ポール・ジャクソンJr.)
3.ウェイト・フォー・ラヴ(ボニー・ジェームス)
4.フォーエヴァー,フォー・オールウェイズ,フォー・ラヴ(レイラ・ハザウェイ)
5.ストップ・トゥ・ラヴ(ミンディ)
6.ワン・ナイト(デイヴ・コーズ&ブライアン・カルバートソン)
7.センシティヴィティ(Ledisi)
8.ユア・シークレット・ラヴ(リチャード・エリオット)
9.テイク・ユー・アウト(ジョージ・ベンソン)
10.ダンス・ウィズ・マイ・ファーザー(リック・ブラウン)

いかにもスムースジャズしてますよね。
どの曲もなかなかイイ感じなんだけど、でも何か物足りない。
やはりルーサーのボーカルが無いとねー。
ルーサーの存在の大きさを改めて知りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年7月20日 (水)

スター・ウォーズⅢ 観てきました!

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』を観てきました!
おもしろかったです!

sw3

愛嬌のあるR2-D2の動き
アナキンの苦悩
迫力ある戦闘シーン
かっこいいヨーダ
オビ=ワンの悲しみ
ダース・ベイダーの誕生
そして、見事にエピソード4へと繋がりました。
(またエピソード4も観たくなりました)

見所満載であっという間の2時間ちょっとでした。
これはやはりDVD化を待たずに劇場で観ることをおススメします。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年7月18日 (月)

たいへん!

たいへんです!
我が家のガス給湯器が壊れてしまいました。
ということは、お湯が使えません!
ということは、お風呂にも入れないのです!
この暑い最中に大変です!
仕方なく、地元の温泉旅館のお風呂に家族で入りに行ってます。
大きなお風呂なので気分はイイのですが、大人ひとり500円かかるので何日もということになると、ちょっと痛いですね。
茶の間のテレビも調子が悪く、買い替えないといけないし、出費がかさみます!(T_T)

takanaka

お風呂上りの今日の1本は、↑でした。
コンビニで見つけた「アサヒ オリオン生ビール」
沖縄生まれのビールです。
風呂上がりだったので、おいしくいただきました。

そして、今日の1枚は、高中正義の「HOT PEPPER 」
その昔、“夏=高中”という頃がありました。
『渚・モデラート』の前後でしょうか。
このアルバムも暑い最中によく聞きました。
『3.Godzilla Dream 』から『 4.Shady Lady 』にかけてが好きです。
いわゆるギター・アルバムですが、バラエティーに富んだ夏向きサウンドで暑さを吹き飛ばしてくれます。
久しぶりに聞いたけど、今の季節にピッタリですよ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年7月15日 (金)

クールダウン

いやー、暑いっす!
23時をまわったのに部屋の温度計はまだ30℃を指しています。
こんな時、クールダウンさせてくれる音楽は…?

B00005NJNS水の妖精/「Deep Blue」ソロピアノ・バージョン
松居慶子
プラネットジョイレコード 2001-09-21

by G-Tools

ビルボード誌のコンテンポラリー・ジャズ・チャートで1位を獲得したアルバム『Deep Blue』のソロ・ピアノ・ヴァージョンです。
ジャケットの写真を見ながらピアノの音に身を委ねます。
うーん、体感温度が下がってきたぞ!

そして、サントリー・チューハイ「-196℃ レモン」を飲んでいます。
ますます下がってきました!(ウソウソ)(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

検診と本田雅人

今日、胃がん検診に行ってきました。
バリウムを飲んでレントゲンを撮るやつです。
40才を過ぎたら受けるようにと家族から言われ続けてきたのですが、嫌なので受けてなくて、今回初めての“挑戦”です。(半強制的に申し込まれてしまった…)
無事に終わりましたが、バリウムを飲むのは嫌だなー。

家に帰ってきて、軽いフュージョン系が聞きたいなーと思いセレクトしたのがコレでした。

B00005HKUFREAL FUSION
本田雅人 梶原順 野呂一生 三好功郎

by G-Tools

角松敏生の2000年のコンサートツアー“Flow”の中で本田雅人のソロ曲が演奏され、惚れ込んでしまい、コンサート後、会場の販売コーナーで買ったものです。
帰ってきて聴いてみて、そのソロ曲がこのアルバムに収録されている「Forget Me Not」と知りました。
いい曲ですよね!
そうそう、コレを買った時にサイン色紙をもらいました。
masato

近々、本田雅人(sax,ewi)梶原順(g)石川雅春(ds)というユニットのライブCDが出るようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年7月13日 (水)

カマキリとNSPのDVD

今朝、家に帰ってきたら、玄関にカマキリの姿が。
体長5cmほどの可愛らしいカマキリです。

kamakiri

「カマキリが高いところに産卵すると大雪」という話もあり、雪国では気になる存在です。

さて、話題は全く変わりますが、
先日のNSP天野さんの訃報を聞いた後、復活したNSPのライブDVDをamazonに注文しまして、それが届きました。

nspdvd

1.オープニング
2.昨日からの逃げ道
3.春はもうすぐ
4.白い椅子の陰
5.夕暮れ時はさびしそう
6.やさしい町
7.さくら草(雪どけ水はつめたくて)
8.もう人生の秋
9.砂浜
10.見上げれば雲か
11.シャツのほころび涙のかけら
12.遠野物語
13.夕陽を浴びて
14.あなたこっちを振り向いて
15.八月の空へ翔べ
16.歌は世につれ
17.さようなら
18.あせ
19.雨は似合わない
20.エンディング

懐かしい曲がいっぱい。
3人とも年を取ったなーという感じですが…。
でも、曲の感じは昔のままです。しいて言えば、渋みが出たかなというところか。
歌を口ずさみながら聞いていたのですが、「砂浜」で天野さんの艶やかな声を聞いたら、また少し涙が…。
(;_;)
生NSPは見ることが出来なくなりましたが、こうやってDVDに残っていて、それでも良かったなと思います。

B00006K0KPNSP復活コンサート!!
N.S.P

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

今夜の1本と青木智仁さん

P1000174
今夜の1本は、サントリー「ザ・プレミアムモルツ」でした。
昨日は二日酔いだったのに、もう飲んでいます。(笑)
まぁ、酒飲みとはそんなもんです。(T_T)
で、このビール、350ml缶で250円と普通のビールよりもお高いのです。
現在流行っている“第3のビール”と比べたら高級品ですよね。
でも、たまにはこんなビールも飲みたいのです。
リッチな気分でね。(まぁ、ボーナスも出たことだし…)

青木智仁さんの『 DOUBLE FACE 』 今日聴きました。
一通り聴いて、気に入った曲は、
「Linda」~ベースとギターの音がいいですね。
「砂の女」~あっ、角松のボーカルだ!
「Manhattan Love Affair」~角松らしいインスト曲だなぁ。
今日は無理なくしっかり聴けましたよ。(^_^)v

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年7月 8日 (金)

PACIFIC COAST JAM

ミーナさんのブログを見てamazonに即行注文したCD2枚が今日の午後届きました。
まずは、角松バンドのベーシスト、青木智仁さんの1st Album'' DOUBLE FACE''
わくわくしながら音を出してみたのですが、ベースの音が二日酔いの頭に響いて、ちょっとキツイ!
今日聞くのは断念しました。(T_T)

ということで、もう1枚の方を。
PACIFIC COAST JAM
“PACIFIC COAST JAM ”
ハワイをベースにする腕利きギタリスト4人が主人公の企画盤です。
我らが角松敏生も楽曲を4曲提供し、演奏にも参加しています。
たしか、Musicmanさんもおススメしていましたが、イイですね~。(^^♪
角松の曲はもちろん、4人のギター・サウンドもGOODです。
二日酔いの身にも聞くことが出来ました。
気持ち良くて、ウトウトと眠ってしまったくらいです。
この夏、活躍しそうですが、今度は、昔行ったプーケットの海を思い出しながら聴いてみたいですね。(^_^)v

| | コメント (4) | トラックバック (1)

二日酔いにJEFF LORBER!

昨夜、飲み会があり、今日は二日酔いでちょっと頭がガンガンしています。
こんな時には心地よい音楽が聞きたいと思いチョイスしたのが↓です。
(ていうか、うるさい曲は聞けないというのが本当のところです)(T_T)

J
『FLIPSIDE』 JEFF LORBER

つい最近、知人から借りてきた物です。
(発売は今年の2月のようです)
優しい音色なので頭に響くことなく聞けました。(笑)

※ちなみにHMVのサイトで視聴できます♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 5日 (火)

さようなら、天野滋さん(NSP)

P1000138

仕事から帰ってきて朝刊を見ていたら、おくやみ欄に「天野滋」という名前が。
えっ、うそだろう!
でも、フォークグループNSPのリーダーと書いてある。
マジかよ!
昨年にはNSPとして復活し、新潟にも来たはずなのに。
(たしか、角松敏生コンサートの翌日だったと思う。)
新聞によると、脳内出血で死去。52歳。と書いてある。
まだ、若いのに!
絶句!
もう、生でNSPは見られない。
昨年のコンサート、無理してでも行けばよかった。(後悔)
BGMに『NSP.8 明日によせて』のLPレコードを聞いているせいか、ちょっと、涙が出てきた。(;_;)
なんで!
先日のルーサーの訃報もショックだったけど、今回はそれ以上の大ショックです。
私の青春の1ページであり、さまざまな想い出があります。
まだまだ心の整理がつきませんが…

さようなら、天野滋さん

いい歌をいっぱいありがとう!

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005年7月 3日 (日)

ルーサーの想い出

ルーサー・ヴァンドロスが亡くなったというニュースが音楽好きなブロガーの間で話題となっております。
詳しい事はそれらのブログを見てもらうこととして、マイブログでは私なりの想い出をひとつ。

私も一時期、ブラック・コンテンポラリーというジャンルにはまっていた頃がありました。
その頃、よく聴いたのがルーサー・ヴァンドロスです。
アルバムでいうと、「GIVE ME THE REASON」とか「Any Love」あたりですね。
L
友達からLPレコードを借りてカセットテープに録音し、繰り返し聴いていました。
甘~~~く、優しい声。
ノリノリの曲とバラードの絶妙なバランス。
虜になりました!
追悼の意味をこめて、今は、FMでエアチェックしたと思われる1988年ロンドン・ハマースミス・オデオンでのライブ・テープを聴いています。
あっ、『Superstar』が流れてきた。
合掌(;_;)

さて、当時、ルーサー・ヴァンドロスと共によく聴いていたアーティストにフレディ・ジャクソンがいます。
「DON'T LET LOVE SLIP AWAY」とか「JUST LIKE THE FIRST TIME」あたりです。
F
やはりカセットテープなんですけど、今回、一緒に引っぱり出してきて聴いてみました。
もちろん、ルーサー・ヴァンドロスとは違いますけど、アップテンポな曲を聴きたい時はルーサーを、スローな曲を聴きたい時はフレディをチョイスしていたような記憶があります。
『NICE‘N’ SLOW』とかいいですねー。

現在は、ブラコン系はほとんど聴きませんが、こんな時代もありました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年7月 2日 (土)

梅!

今日は朝から“梅もぎ”に行ってきました。
P1000120
我が家所有の木が2本あるのです。
P1000119
10時過ぎに出かけて、帰ってきたのが14時過ぎ。
お昼も食べずに、いっぱい収穫してきました。
帰ってきたらシャワーを浴びて、3時の昼食です。
P1000122
缶ビール&おつまみです。
うまい!サイコー! !(^^)!
P1000123
外は夏空、まだ明るいです!
まぶしい!

BGMは先日買ったジェフ・ベックでした。
すっこーーーん!(抜ける抜ける???)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »