« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月29日 (木)

本田雅人が歌う?

午前中、地元のFM局を聞いていたら、「なぬっ???」というような情報が…。

● 10/21(金)「ODU★Special Live 」@Gioia mia
バカボン鈴木(Vo.B) 本田雅人(Vo.Sax) 増崎孝司(Vo.G) 吉弘千鶴子(Vo.Pf ) 鶴谷智生(Vo.Ds)

以上5人のメンバー。皆さんそれぞれ人気・実力ともに長年トップをゆく、おもにフュージョン系で大活躍中のミュージシャンばかりです。
今回は、なんとそのプレーヤーたちがそれぞれリード・ヴォーカルをとるという珍しくも楽しいセッションであります。
東京・京都・九州などで2000年ころからライブ活動を続けていて『俺たちだって歌いたい』(O/D/U)というタイトルで親しまれています。
当日はめったに聴けないレパートリーの数々をご期待ください。
もちろんインストもたっぷり聴けてこれはオトクです。
今回、新潟初登場のライブです。

18:30open 19:30start 5,000yen 当日+500yen 
電話でのご予約 受付中。(025)224-2588

新潟市にあるイタリアン・レストラン“GioiaMia”でのライブです。
あのサックス・プレイヤー本田雅人さんが歌うなんて…!\(◎o◎)/!
そして、ギターはDIMENSIONの増崎孝司さんだし…。
とてもとても魅力的なライブであります。
う~~~ん、行きたいな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

秋晴れの一日

今日は、秋晴れの気持ちの良い一日でした。
こんな日はドライブにでも出かけたいところですが、仕事から朝帰りということもあり、家の中でゴロゴロと過ごしておりました。(もったいない!)
で、素晴らしい青空を眺めながら、こんなアルバムを聴いておりました。

B00094AR8WNarada Jazz: The Singles
Various Artists

by G-Tools

1 Livin' Large - Euge Groove
2 Sweet Home Chicago - Urban Knights
3 Expression - Joyce Cooling
4 Cellar Funk - Down To The Bone
5 Gigabyte - Jeff Lorber
6 Way She Looked, The (At Me) - Bob Baldwin
7 Midnight At The Oasis - Ramsey Lewis Trio
8 Mambo 2000 - Warren Hill
9 Hi-Heel Sneakers - Urban Knights
10 Chopsticks - Jeff Lorber
11 108 Degrees - Alex Bugnon

スムースジャズのメジャーレーベルであるNARADA JAZZの、これまたメジャー・アーティストのコンピ・アルバムです。
聴けば、もうスムースジャズのオンパレードで、軽いBGMにも最適です。
個々の説明は省略させてもらいますが、この中で私の好きな曲(アーティスト)は3と8です。
3の Joyce Cooling は、女性のギター・プレイヤーで、心地よいギター・サウンドを聴かせてくれます。

B0001I2BWQThis Girl's Got to Play
Joyce Cooling

by G-Tools

8の Warren Hill は、イケメンのサックス・プレイヤーで、この曲はタイトル通りラテン・テイストの演奏です。
B00004WJXRLove Life
Warren Hill

by G-Tools

いい天気の中、家の中でくつろぐのも、まっ、いっか! (^^♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

電車男 旅立ちました!

TV『電車男』終わっちゃいましたね!
でも、ちょっと演出が過剰だったなー。
電車とエルメスは急にラブラブし過ぎ!
掲示板仲間との別れも感動が薄かったなー。
おもしろくはあったけどね。
最終回ということで期待が大きすぎたのかも???
何はともあれ週1の楽しみが終わっちゃいました。
またおもしろい番組があるかなー?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

本日のお買い物

今日は午後から買い物に出かけ、ついでに音楽好きの知り合いのところに寄ってきました。
この前借りてきたCDを返し、また違うCDを6枚ほど借りてきました。
その中の1枚、ADLIB誌9月号の表紙を飾っているSHAKIRA(シャキーラ)のアルバムを今聴いています。
shakira
『Fijacion Oral, Vol. 1』
1 エン・トゥス・プピーラス : あなたの瞳
2 ラ・パレ : 壁
3 ラ・トルトゥーラ
4 オブテネール・ウン・シー : イェスと言わせようとして
5 ディア・エスペシャル : 特別な日
6 エスコンディーテ・イングレス : だるまさんがころんだ
7 ノー
8 ラス・デ・ラ・イントゥイシオン : 直観の生き物
9 ディア・デ・エネーロ : 1月のある日
10 ロ・インプレスシンディ・ブレ : 絶対不可欠
11 ラ・パレ : 壁 (アコースティック・ヴァージョン)
12 ラ・トルトゥーラ (シャケトン・リミックス)

美しい人ですねー。
でも、私、今まで知りませんでした。(爆)
もちろん聴いたこともありません。
才色兼備なんですね。
このアルバムは全曲スペイン語で歌っており、「ラ・トルトゥーラ」は今流行のレゲトン・ナンバーです。
通して聴いたところ私的には、6,8,12あたりが良かったですね。
これはぜひぜひプロモが見てみた~~~い!

次に、買い物でゲットしてきたものをご紹介。
ballフィットネスボールというものです。
最近、娘が体型を気にするようになり、毎日運動とかをしているのですが、コレが欲しいようなことを言っていたので買ってみました。
オリビア・ニュートン・ジョンの「フィジカル」でも聞きながら、頑張ってもらいましょう!(古)

そして、本日発売の『アサヒ 酵母ナンバー』というビールも買ってきました。
酵母の個性を生かしたビールということで、
111は、なめらかな味わいとアロマホップの軽快な香りが調和したビール
318は、深い味わいとキレの良さが両立したビール
787は、しっかりしたコクと芳醇な香りが調和した味わい深いビール
920は、上面発酵酵母らしいすっきりとした味わいのビール
ということです。
さて、どれから飲みましょうか。(^_^.)787

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年9月18日 (日)

中秋の名月

夜空を見上げたら、まんまるお月さん。
写真を撮ってみたけど、なかなかうまくいきません。
でも、せっかくだから、ちょっとおもしろい感じの1枚をアップ。
moon

こんなお月さんを見ながら聴きたい曲は…
角松作品の中で思い浮かんだ曲が…
『Flow of Love』
アルバム「存在の証明」の中の1曲
真っ暗な夜空の中から聴こえてくるような澄んだ、そして力強い歌声。
コンサートで聴いた時には鳥肌が立ちました。
アルバムでは、なんとDAVID SANBORNがSaxを吹いているんですね。
コンサートではもちろん本田雅人でしたけど。

心が洗われます!
Love・・・
I believe in love all my love

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

秋・休日・ドライブ

今日の新潟はいい天気でした。
私も妻も仕事が休みだったので2人でちょっと遠出してきました。
arai_1
新潟県の南の方に位置する「ARAI MOUNTAIN&SPA」という高原リゾートに行ってきました。
arai_2
さすがに空気が澄んでいて気持ち良かったです。
arai_3
お昼は2人でパスタとピザのセット・ランチを食べました。
arai_4
ノン・アルコール・ビール&前菜です。


昼食後、外に出ると、
arai_5
とか、
arai_6
がいました。
のどかだなー。
さて、今日コチラに来たのは、妻が“滝”を見たいと言ったからです。
この施設の近くに滝があるというので来たわけなんですが、行ってみると、なんと車両通行止めで行けませんでした。
ガ~~~ン!
でも、川のせせらぎでマイナスイオンをたっぷりと浴びてきました。
arai_7
もしかしたら、現車でドライブするのはこれが最後かもしれません。
今日の夜、電話が入り、新車の納入は10月の初めになりそうだとのことでした。
残り少ない日々を現愛車とたっぷりと過ごしたいと思います。(^.^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

電車男とSTING

今夜のTV 『電車男』見ましたか?
私、感動しました!
実際に会ったことのない“電車”のために掲示板仲間が行動に出たくだり。
友達っていいなー。仲間っていいなー。
来週はいよいよ最終回です。
どんな結末になるのでしょうか。

今夜の1杯はコレです。

stingメルシャンより新発売の「STING」という新製法飲料です。
テレビCMにはCharが起用されているということですが、私、まだ見たことがありません。
グレープフルーツのほろ苦さが感じられ、辛党の私にはマッチしてますね。

お酒にこだわる大人のための、新しいお酒。
『お酒は20歳になってから。STINGは35歳になってから。』というコピーには笑えましたけど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

「SPAIN」いろいろ

お昼のNHK-TVの番組『お昼ですよ!ふれあいホール』の中で女性4人のグループ“バニラムード”が、あの名曲「SPAIN」を演奏していました。
そういえば、昨夜、NHKハイビジョンで放送された『東京JAZZ 2005』の冒頭でも、上妻宏光が三味線でこの曲を演奏していて、「おー、三味線もありかー!」と感心したものでした。

私、この曲は大好きでありまして、オリジナルのチック・コリアの演奏では↓が気に入っています。

スタンダーズ・アンド・モア
チック・コリア・アコースティック・バンド チック・コリア ジョン・パティトゥッチ
B00008KKU8

この名曲は、いろんなアーティストがカバーしていますが、我が家のCDを探してみると…

B000008906ダンディズム
渡辺香津美 DUO with 小曽根真

by G-Tools

ギターの渡辺香津美とピアノの小曽根真のデュオ・アルバムの中の1曲。
大人の雰囲気で落ち着いて聴けます。

↓こんなのもありました。

B00005EYE8Thousand wave plus
松本孝弘 Tak Matsumoto

by G-Tools

B'zのギタリスト松本孝弘の演奏です。
演奏時間は短いのですが、凄いです!
「SPAIN」がヘヴィ・メタになってしまいました。(笑)
でも、切れ味最高でなかなかグッドですよ!

他にもまだあるかもしれませんが、私の中で想い出に残っている演奏があります。
それは、CDとかではなく、90年代初めのジャズ・フェスティバルの中での演奏です。
当時は大規模なジャズ・フェスが盛んでしたね。
たしか、Mt.FUJI JAZZ FESTIVALかLIVE UNDER THE SKYのどちらかだと思うのですが…。
最後のジャム・セッションというかスペシャル・ユニットでした。
アル・ジャロウのボーカルで、バックにはジョー・サンプル、バジー・フェイトン、スティーブ・ガッド、レニー・カストロなどがいたかと思います。
ボーカル入りの「SPAIN」は、この時初めて聴いたのですが、圧倒されました!
アル・ジャロウならではのミラクル・ボイスに、そして、速射砲のごとき歌い方に!
こんな「SPAIN」があったとは…、と。\(◎o◎)/!
もちろん、バックも豪華ですからね。

みなさんの中でお気に入りの「SPAIN」があったら、ぜひお聞かせください。(^^♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

クルマ買っちゃいました!

最近ストレスが溜まっているので、思わずクルマを衝動買いしてしまいました。

なんてね、そんなわけないでしょ!
200万以上の出費です。
今年こそ買い替えようと思っていたのですが、本日とうとう契約書にサインしてきました。
展示会に行ったら息子がそのクルマを気に入って、喜んで乗ったり降りたりしていました。
納車日は未定ですが、息子も含めて楽しみです。

めでたくクルマが決まったので、帰りにワインを買ってきて乾杯です。(^_-)-☆

wine

シャルドネ種の辛口白ワインです。
ワインは久しぶりだなー。(^_^)
写真のもう1本は、一緒に買ってきたウィスキーですけど、これから1杯ひっかけてから寝ようかな。

BGMは何にしようか…。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

ストレス発散

本日は、ちょっとストレスが溜まっています!(`´)
原因は、…
対人関係ということになるのかなー。
学校のPTA関係の仕事で、いろいろと制約を言われ、自分たちの思うように事を進められないといったことです。
むずかしいですねー。

まぁ、お酒でも飲んで発散したいと思います。
て言うか、もう飲んでます!
気分的にはウイスキーを飲みたいのですが、買い置きがなかったので、まずは手軽に缶チューハイを。
それも飲み干したので、次は「いいちこ」の水割りかな。

こんな時のBGMはジャズ系が多いのですが、本日はコレ。

B00009KM3Eヒート・ウェイヴ
Fried Pride
ビクターエンタテインメント 2003-06-21

by G-Tools

ボーカルとギターの2人組のユニット“フライド・プライド”のアルバムです。
収録曲はバラエティーに富んでおり、ディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」から始まり、ビートルズの「カム・トゥゲザー」や「イエスタデイ」、そして、アース・ウインド&ファイアーの「宇宙のファンタジー」なども入っています。
ディープ・パープルとはちょっと意外ですが、絶妙なギター&熱いボーカルがイイ感じです。
試聴はコチラで。
それでは、カンパーイ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年9月 5日 (月)

すもう大会とHerbie Hancock

昨日の日曜日、市内の小学生のすもう大会があり、我が息子も参加してきました。
父親に似て細身なので、すもうなんかとてもとても…、と思っていたら、なんと3位に入賞でした。
オドロキ!\(◎o◎)/!
そして、3位の賞品がなんとスイカ。
「えっ、スイカ!」と思わず笑ってしまいました。
ローカルだなー。
で、もらってきたスイカがコレ。
suika
見た目が普通のスイカと違ってたので、妻なんかは「ほんとはカボチャじゃないの?」なんて言う始末。
たしかにカボチャ似。
そして、夕食後に切ってみると、
suika2
間違いなくスイカでした。(笑)
味も甘くて美味しかったです。
息子よ、ご馳走様。
頑張ったね。

本日の1枚はイメージバトン風にスタートです。
「スイカ」→「ウォーターメロン」→「ハービー・ハンコック」→「 Possibilities 」
ちょっと苦しいか。(苦笑)
でも、繋がりはわかりますよね?
ということで、本日のBGMは、Herbie Hancockのニュー・アルバム『 Possibilities 』です。

B000AARK2QPossibilities
Herbie Hancock

by G-Tools

内容は、スーパー・プレイヤー&プロデューサーであるHerbieが他の有名アーティストとコラボレートした楽曲を収録したものです。
その顔ぶれを見て、即、予約注文しました。(輸入盤)
1.Stitched Up featuring John Mayer
2.Safiatou featuring Santana and Angilique Kidjo
3.A Song For You featuring Christina Aguilera
4.I Do It For Your Love featuring Paul Simon
5.Hush, Hush, Hush featuring Annie Lennox
6.Sister Moon featuring Sting
7.When Love Comes To Town featuring Jonny Lang and Joss Stone
8.Don't Explain featuring Damien Rice and Lisa Hannigan
9.I Just Called To Say I Love You featuring Raul Midsn (also featuring Stevie Wonder on harmonica)
10.Gelo No Montana featuring Trey Anastasio

全体的にはジャージーで静かな感じでしょうか。
でも、2のSantana and Angilique Kidjoは、『SUPERNATURAL』風なサウンドだし、3のChristina Aguileraは、あの名曲「A Song For You」を大胆なアレンジで聴かせてくれます。
9は、Stevie Wonderの名曲ですが、ボーカルをRaul Midsnが務め、Stevie Wonderはハーモニカ・ソロで参加しています。
他にもビッグ・ネームが並んでいるので、試聴してみてください。

ハッケヨーイ、ノコッタノコッタ???

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

角松情報とリラックマ

タワレコのHPを見ていたら、角松敏生のニューアルバムの情報が載っていたのでご紹介。
コチラです。
セルフカバー 5曲+新曲 5曲の収録で、新曲は、小林信吾、友成好弘、森俊之という3人のピアニストをフィーチャーしたドラムレス、ベースレスの楽曲ということです。
どんな感じになっているのかワクワクします。(^^♪

さて、今日は、午前中はのんびりとブログを、そして、午後からはちょっとお出かけしてきました。
買い物のために寄ったジャスコでゲームコーナーをのぞくと、ちっちゃくてかわいいリラックマ・グッズがあったので思わずゲットしてきました。gugukuma
お腹を押すとグーグーなります。^_^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「長月」にサパトス

今日から9月です。(陰暦では長月)
子供たちの夏休みも昨日で終わり、今朝、元気に登校していきました。
( 宿題も無事に終わって良かった(^_^.) )
おかげで、平日にお休みの時はのんびりと出来そうです。
今日も朝からのんびりさせてもらっています。(^^)v
久しぶりにCDを買ったのでそれを聴きながら…。

sapatos『クール・リラクシン・ボッサ』
サパトス
価格: ¥1,890 (税込)

先月の「ADLIB」誌を見ていたら、このアルバムが目にとまり、早速、amazonに注文し、届いたものです。

サパトスは、ボサノバを基調にしたアレンジでジャズ、ポップス、クラシック、ありとあらゆるジャンルの名曲を演奏するアコースティック・ボサノバ・ユニットです。
メンバーは、サックス・プレイヤーの三四郎とボサノバ・ギタリストの木村純の二人。
ホームページはコチラ

収録曲は
1.ハート・オブ・マイン
2.ラ・ヴィアン・ローズ
3.ウェーブ
4.おいしい水
5.イパネマの娘
6.ハウ・インセンシティブ
7.星に願いを
8.マシュ・ケ・ナダ
9.ジンジ
10.デサフィナード
11.オー・グランジ・アモール
12.ラヴァーズ・コンチェルト
13.ナイト・バーズ
14.オネスティ

ボズ・スキャッグスの1
ビリー・ジョエルの14
シャカタクの13
7はディズニーの名曲
その他、ジョビンの曲を中心に。
という風に、ボサノバ・スタンダードにAORの名曲なども絡め、爽やかに聴かせてくれます。
ボサノバというと、夏、それも初夏から真夏にかけて聴くものというイメージがありますが、このアルバムは今くらいの晩夏から初秋にかけて聴くのがふさわしいような感じです。
三四郎のサックスは哀愁を帯び、木村純のギターも大人の音色を聴かせます。
このアルバムではサポート・ミュージシャンも参加していますが、ピアノやバイオリンもしっとりと包んでいます。
1とか7,14の曲なんかは夜に聴いた方がピッタリくるかもしれません。
ベースがベースですからね。
とにかく、私的にチョーおススメの1枚です。
定価も1,890円とお安いですし…。(^^♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »