« 合体! | トップページ | 日本酒「安倍街道」 »

2006年2月 9日 (木)

グラミー賞2006

グラミー賞2006授賞式の模様を wowow の生中継で見ました。
ただ、車庫前の除雪をやらないといけなかったので最初から見ることが出来ず途中からだったのが残念。
9時30分からの放送だったけど、見始めたのは11時頃から。
でも、仕事が休みだったので生中継で見ることが出来ただけでもラッキーか…。
で、何が楽しみかと言えば、授賞の合間のパフォーマンス。
授賞結果はニュース等でわかるけど、パフォーマンスは見ないとね!
(※授賞結果的には、U2の圧勝。そして、ジョン・レジェンドと言ったところか。)

How to Dismantle an Atomic BombHow to Dismantle an Atomic Bomb
U2

by G-Tools

オープニング・パフォーマンスは、「マドンナ×ゴリラズ」だったとか。
これは見れなかったが、素晴らしいステージだったそうで残念残念。('_')
夜の再放送でチェックしたいと思います。
私が見ていた中で良かったのは…、

「スライ&ザ・ファミリーストーン・トリビュート」
ジョン・レジェンド、マルーン5らに加えスティーブン・タイラーやジョー・ペリーも参加。
モヒカン頭の本人も登場しました。

「カニエ・ウエスト&ジェイミー・フォックス」
大人数でエンターテイメントに溢れて、見ていてとても楽しいパフォーマンスでした。\(~o~)/
カニエ・ウエストの衣装が可愛かったなー。(^.^)

「ハービー・ハンコック&クリスティーナ・アギレラ」
アルバム良かったけど、ライブ・パフォーマンスで見ることが出来るとは…、感激!

御大ポール・マッカートニーは自身のステージの他、「ジェイ・Z feat.リンキン・パーク」のステージにも乱入。(笑)
頑張りますね~!

以上、グラミー賞2006パフォーマンス速報でした。(^^♪

|

« 合体! | トップページ | 日本酒「安倍街道」 »

コメント

どうもはじめまして~!おんといいます。
グラミー賞の記事をTBさせてもらいました~。

投稿: おん | 2006年2月15日 (水) 16時08分

おん さん、TBコメントありがとうございます。
そちらにもお邪魔させてもらいますね。

投稿: まーちん | 2006年2月15日 (水) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65121/8578953

この記事へのトラックバック一覧です: グラミー賞2006:

» ポール・マッカートニー 第48回グラミー賞受賞を逃す [ポール・マッカートニー 最新ニュース powered by Jash]
グラミー賞の授賞式が8日(日本時間9日午前)、ロサンゼルスのステープルズセンターで行われ、ポール・マッカートニーは以下の4部門でノミネートされていたが、受賞には至らなかった。 アルバム・オブ・ザ・イヤー  『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』 最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス  「ファイン・ライン」 最優秀ポップ・ボーカル・アルバム  『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』 プロデューサー・オブ・ザ・イヤー  ナイジ... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 21時37分

» グラミー賞って・・・ [3SIDES トゥ MUSIC]
第48回のグラミー賞が発表されました[:拍手:] グラミー・ノミニーズ2006 といっても私は見てないんですけどねぇー[:テレビ:] アメリカで評価されている音楽と、自分の好みがかけ離れてしまって もうだいぶたちますから・・・[:たらーっ:] 最後に見たのは、アラニス・モリセットの素晴らしいパフォーマンス[:ラブラブ:] 昔はいろいろありました・・・ 初めてHR/HM部門ができたとき、受賞したのはジェスロ・タルで総スカンとか^^; まぁ選ばれる作品はともかく、 アメ... [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 00時32分

» グラミー賞2006発表!!! [3流DJの音楽、本、映画のススメ]
今回のグラミー賞は、大復活を遂げたマライアキャリーのためのグラミー賞と言われていてました。主要部門の年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲を含む、全部で8部門にノミネート。 それに対抗するのがロック界の大御所U2。こちらはロック部門や、主要部..... [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 16時30分

« 合体! | トップページ | 日本酒「安倍街道」 »