« プチプチ主夫生活 | トップページ | また冬になりました! »

2006年3月13日 (月)

スノーボーダーの話

昨日、息子にせがまれ、またもスキーに行ってきました。
今回は息子と私の二人で。
行った所は、新潟県内でも屈指のビッグゲレンデ“上越国際スキー場
jokoku1,000万㎡の広さ、28基のリフトを備え、リフトを乗り継いでいくと、一山超えて別の市町村に降りてしまいます。
独身時代にはよく行ったスキー場ですが、久~しぶりなのでゲレンデ図を見ないと迷うほど。
昨日は湿った小雪の降る天候でしたが、息子と二人で滑りまくっていました。

そんな中、気になった事が一つ。
ゲレンデ内のレストランの近くや緩斜面に行くと、雪面にボコボコと穴が開いているではありませんか。
何かと思ったら、スノーボーダーがボードを進める際、片方のブーツでキックして出来た穴でした。
メジャーなスキー場なので、客の7~8割が若者のスノーボーダーでした。
ということで、いたる所穴だらけだったわけです。
しかし、普通のスキーヤーにとっては、この穴はとても迷惑です。
<(`^´)>
昔はこんな事はなかったのに…、と嘆いてもはじまりませんが、時代の移り変わりを感じた一コマでした。

|

« プチプチ主夫生活 | トップページ | また冬になりました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65121/9068750

この記事へのトラックバック一覧です: スノーボーダーの話:

» 上越 国際のサイト集情報 [上越 国際とりまとめ]
上越 国際のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2007年8月 9日 (木) 16時09分

« プチプチ主夫生活 | トップページ | また冬になりました! »