« 今日の紅葉は…? | トップページ | 大七、秋鹿、そして角松! »

2006年11月20日 (月)

角松敏生in新潟 雑感

昨夜、角松敏生Performance2006"Player's Player"in新潟に行ってきました。
妻の仕事の関係で、家を出たのが15時過ぎ、新潟市内で軽く夕食を済ませていたら、夕方の渋滞にハマってしまい…。
会場の新潟県民会館に着くも駐車場が満車となっていて、少し離れた駐車場へ。
足早に歩き、開演予定の18時には何とか間に合う。(*_*;
慌ただしかったが、受付でもらったチラシで紙飛行機を折りスタンバイOK!
18時10分過ぎに場内が暗くなり…


以下、一応、ネタバレ注意です。


コンサート・レポートとまではいきませんが、“雑感”ということで。


ステージ・セットは、ニュー・アルバムのジャケットのイメージで後ろに大きな窓が並ぶ。
Prayer(初回生産限定盤)
後方にリズム隊(ベース、ドラムス、パーカッション×2)の4人
中央にキーボード隊の3人
左にコーラス隊の2人
右にギター1人
そして、角松と計11名の大編成でステージが狭く感じる。
セットリストは、ブログからの情報でわかっていたので、流れは把握していた。

千秋さんと凡子さんのコーラス隊、けっこう踊るんだ!声はもちろん圧倒的なものを感じましたが、見ていても楽しめました。
しゃかり+αバージョンの『Always Be With You』はすごく良かった。角松の「痰が詰まったような声」には笑えた。
“生”千秋さんを見ることが出来、感動でした。
「お米が美味しかったです」とのローカル・トークもありました。紙飛行機も投げ返してくれたり…。

ギターは、“伝説のギタリスト”今剛さん。こちらもお初です。
ギターの音はもちろん凄かったですが、その姿も存在感がありました。
照明の具合でステージ後方に今さんのシルエットが大きく映っていたのですが、その影はまるでゴジラのようでした!(笑) 
吠える吠える!ガオー!^^;

新潟公演のベースは、松原秀樹さん。
前回のツアーでも新潟でプレイしましたが、重量感溢れる音、好きです。

角松のライブでは欠かせない存在のパーカッション隊。
特に、田中倫明さんのリズムはアクセントになっていました。

そして、角松さん。
スーツ姿でバッチリと決めて…。
「なじらね」とか、『浜辺の歌』の歌詞を「どうでもいいこてそんげこと」と新潟弁を使ってうけてました。

楽しいアンコール・タイムではお決まりの紙飛行機大会
3機作っておいたものの、イマイチよく飛ばなかった。(T_T)
小学生の息子から良く飛ぶ折り方を習って来るんだったと後悔。

モア・アンコールは予定通り、ニュー・アルバムからの『黙想』
小林信吾さん、千秋さんと3人でしっとりと。
この曲、私的に、このアルバムの中で一番好きな曲です。
良かった!(^^♪
でも、これでコンサートが終わってしまい悲し~い。

私の席は、1階席の後ろから3列目くらいの所でしたが、私の後ろの列にはいっぱい空席が…。
2階席には入っていたのだろうか?
MCで角松も言っていたが、新潟の不敗神話が崩れてしまったと。
前回の新潟公演は、中越大震災の直後ということもあってか2階席は使わないくらいの人数だったのだが、今回もか。
「採算が合わないので弾き語りを練習しています」と笑いのタネにしていたが、悲しいことだ。('_')
何とか次回があるように祈るばかりです。

だらだらと書き綴りましたが、日常を忘れ、夢を見ていた3時間でありました。
ありがとう角松!
ありがとう角松バンドの皆さん!

|

« 今日の紅葉は…? | トップページ | 大七、秋鹿、そして角松! »

コメント

おつかれさまでしたぁ~!
私も市役所の駐車場から走りました(笑)
辛口で言えば、千秋やキーボードトリオそして今さんに角松が喰われた気がしました。
それだけ「Plaer's」が素晴らしかった!!と言いたいのです。
雅もまーちんさんと同じ感想です。
Always Be With Youで泣きました。すごくよかった!!!
目の前に角松がいるにもかかわらず、今さんの影を見てたのはこの私(笑)
エクササイズ、アキレス腱を切らずに済みよかった(笑)
IZUMO同様、超COOLでしびれました。

紙飛行機はご近所に配り、みんなで飛ばしまくりました。
娘もこれが楽しみだったらしく満足そうでした(^^)
お目にかかれずザンネンでした。次のライブではきっと!

そそ、♪どうでもいいこて「そんげこと」でしたヨ。
それこそ、どうでもいいこて!って話ですけど(笑)

投稿: 雅 | 2006年11月20日 (月) 15時52分

雅さんもおつかれさんでした。
楽しい3時間でしたね。(^_^)v

新潟弁の件、ご指摘ありがとうございます。
早速、修正させてもらいました。^_^;

投稿: まーちん | 2006年11月20日 (月) 22時57分

新潟のライブも良かったようですね。
いつもの事ながら、歌に演奏に…そしてバックの皆さんにと
驚きの連続であっという間に3時間が過ぎてしまいますね。

『Always Be With You』…私も痺れましたよ~♪
この曲が女性の声にも合うなんて~これも驚きでした。

投稿: みかん | 2006年11月21日 (火) 13時11分

みかんさん、こちらにもコメントありがとうございます。
“雑感”の通り、とても良かったです。(^^♪
出来ることなら、東京・中野サンプラザでのスペシャル・ライブも見に行きたいところですが、なかなかね~。(>_<)
とりあえずは、12月に出るDVDを買って、ガマンしたいと思います。(^^ゞ

投稿: まーちん | 2006年11月23日 (木) 16時33分

遅ればせながら、私も行ってきました。
いいライヴでした。

森俊之のキードードが良かったです。
大活躍でした。

あのライヴ以来、毎日のように「Player」を聴いてます。
「movin'n」が好きです。
ガッドのドラムかっこいいですね。

投稿: ちゃむ | 2006年11月26日 (日) 16時33分

えー、ちゃむさんも角松好きだったのですか?
日本酒の他にも共通項があったとは…(意外)
(@_@;)

投稿: まーちん | 2006年11月26日 (日) 21時15分

ライブの状況が伝わってくるような雑記、ありがとうございます!
生角松はもう何年もみていないな~。次女があと何年かすれば
ライブに行けるようになるのかな。別のエントリーでDVDの情報
もありがとうございます。とりあえず今から「Player」聴きながら
眠りにつきます。(^o^)

投稿: バルサ | 2006年11月26日 (日) 21時38分

バルサさん、コメントありがとうございます。
やはりライブはサイコーです!
サッカーの試合でもテレビ観戦とライブとでは全然違うでしょうからね。
とはいえ、DVDの発売も楽しみです。(^^♪

投稿: まーちん | 2006年11月29日 (水) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65121/12755500

この記事へのトラックバック一覧です: 角松敏生in新潟 雑感:

« 今日の紅葉は…? | トップページ | 大七、秋鹿、そして角松! »