« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

秋鹿とJ&B

Akisika_1今晩いただいたお酒は『秋鹿』
開栓6日目の26日にちょっと味見をしてしまいましたが、今日で9日目、2回目の味見となります。
一酒庵・店主さんからは、「濃いですよー」とのコメントでしたが、ハイ、濃かったです。(^.^)
うまく表現できませんが、喉を通ってから一拍おいて、「濃いなー」と感じました。
濃厚!
深ウマでした!

そして、今日聴いていた音楽は、対象的に、すっきりさわやかなコレ。

Gift

B000J3FEZEGIFT
JとB
ビクターエンタテインメント 2006-11-22

by G-Tools

今回のツアーには参加していませんが、角松バンドのギタリスト、=梶原順さんと=浅野“ブッチャー”祥之さんのユニット。
前回のアルバムでは、ドラムス沼澤尚さんやベース松原秀樹さんがサポートしていましたが、今回は二人だけのアコースティックなサウンド。
最近の流行りで言えば、DEPAPEPEと言ったところ。
そのDEPAPEPEもゲスト参加しています。

“すっきりさわやか”とは言ってもイメージ的な話で、ギター2本ながらサウンド的には深みもコクもあります。(^^)v
DEPAPEPE が参加しているドゥービー・ブラザーズの「Long Train Running」なんか、イイですよー!
最後は、青木智仁さんの曲「Risa」で締めています。(青木さんの『DOUBLE FACE』に収録)
情報によると、J&Bに角松を交えた3人でライブを行うそうです。
ギター3本でアンサンブル!
見た~い!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

角松敏生DVD情報

B000J10DNYTOSHIKI KADOMATSU 25th Anniversary Perfomance 2006.6.24 YOKOHAMA ARENA
角松敏生
BMG JAPAN 2006-12-13

by G-Tools
12月13日発売予定のDVDの収録曲が発表されました。

<DISC 1>
1.overture
2.Realize
3.Lunafairymiena
4.SHIBUYA
5.風のあやぐ
6.崩壊の前日
Medley1(7.ALL OF YOU~8.サヨナラはくちぐせ~9.I CAN’T EVER CHANGE YOUR LOVE FOR ME~10.Bless Myself~11.You’re My Only Shinin’ Star)
Medley2(12.生足の駝鳥~13.愛と修羅~14.煩悩Rolling Stone~15.週末)
16.風車
17.Dawn
18.八月踊りの島
19.太陽と海と月
20.IZUMO
21.Smile

<DISC 2>
1.ultima viagem
2.飴色の街
3.Can’t You See
4.LIVE
5.RAIN MAN
6.氷の妖精
7.リカー!!
8.痴漢電車
9.How is it ?
10.My Sugar
11.Wrist Cutter
12.Gazer
13.ハナノサクコロ
14.もう一度…and then
15.TAKE YOU TO THE SKY HIGH
16.君のためにできること
17.Always Be With You
18.NO END SUMMER

特典映像も含まれますが、4時間近く入っています。
LIVEに行けなかった者にとってはありがたいことです。
そろそろ予約を入れて、ワクワクしながら待ちましょうか!

《メ モ》
ライブ・レポート・ブログ
 2006.6.24 横浜アリーナ
 2006.11.5 市川文化会館

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

セブンイレブンのくじ

またまた始まりました“セブンイレブンのくじ
700円買う毎に1本ひけます。
ほぼ毎日のように通っている(?)私ですが、今日、第1回目のチャレンジでコレが当たりました。↓
7ame
のどの調子がおかしくなりやすい今の季節にピッタリの「のど飴」(^.^)
さい先良しです。(^_^)v
本日より発売の「年末ジャンボ宝くじ」も早速買ったので、この調子で当たらないかなー。

今夜のお酒は、
Ebisuaka
最近発売されたコレ↑を少々飲んだ後、「大七 自然酒」を。
エビスの方は、名前通り琥珀色で、黒ビール寄りのコクがありました。
エビスですからねー、美味しかったですけど。

大七の方は、開栓してから4日ほど経ちました。
Daisiti
初日よりはまろやかな感じがして、クイクイといっちゃいました。
美味しいです!
だんだんと寒さを感じてきているので、熱燗の美味さが身に沁みます。(*_*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“ゆるり”と…

毎年、家族5人(私、妻、子2人、母)で一泊の小旅行に出かけていたのだが、今年は娘の部活の関係で2日間は日が取れず。(T_T)
それなら日帰りで温泉にでもと、12月の日曜日に計画していたが、その日も部活が入ってしまい中止のはめに。(;_;)
急遽、昨夜、一番近くの日帰り温泉に出かけ夕食会を。
ま、仕方がないですね。
それでも、個室を借りられたので、少しは静かに、ゆっくりと過ごすことが出来ました。
Onsen1123←私は、こんな食事を。
「勤労感謝の日」でもあったので、その意味合いも込めて。
息子と一緒に、食前・食後と2回、温泉に浸かり、ポカポカと温まりました。
来年は何とか一泊で行こうねと願いながら。

行き帰りの車中で聴いていたのは…

B000I2K794ゆるり
しゃかり
イズム(C) 2006-10-25

by G-Tools

角松関連、千秋さんが属する「しゃかり」というグループの最新アルバムです。
先日の角松・新潟公演の会場でも販売していたのだが、悩んだ挙句買わずに会場を出てしまった。(+_+)
妻も、買ってもいいと思っていたと後で聞き、ネットで即注文。(^^ゞ
この日、初めて聴きました。
もろ沖縄を感じます。
千秋さんの声も心に染み渡ります。
一番の聞き物は、角松の曲『Always Be With You』
コンサートでも歌った曲ですが、ここでは「しゃかり」の歌として聴かせてくれます。
ゆったりと、まったりと、…
沖縄の風を感じています。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年11月20日 (月)

大七、秋鹿、そして角松!

前回、一酒庵さんで仕入れたお酒も底をついたので、また調達に行ってきました。
今回は、この2本。
Sake11201『大七 自然酒生酛 (06.09詰)』

『秋鹿 純米酒 無濾過火入原酒 雄町 精米80% 2004年2月上槽』

2千円台で私の嗜好に合いそうな物ということで店主よりおススメいただきました。

『大七』は、すぐに飲んでもOKということなので、早速今晩いただきたいと思います。
『秋鹿』は、1~2週間ガマンです。^_^;

お茶など飲みながら、次回予定のお酒の話も出て、そちらも楽しみ。(^_^)

一酒庵さんまでは往復1時間くらいの距離なのでCD1枚聴けます。
今日のお伴は、

B00006JLC1INCARNATIO
角松敏生 鹿田川見
BMG JAPAN 2002-10-30

by G-Tools
前にも紹介したアルバムですが、沖縄音楽とかアイヌ音楽とか和太鼓とかを角松ワールドと融合させた作品。
昨夜のコンサートでは、このアルバムから『IZUMO』『Always Be With You』の2曲がセレクトされていました。
久しぶりに通して聴いてみましたが、イイ感じですね。
青木智仁さんのベース・プレイも光っています。(T_T)
けっこう雨が降っていたり、道路工事が多かったりで、嫌な気分ではありましたが、このアルバムで少しは救われました。(^^ゞ

ここしばらくはコンサートの余韻に浸り、角松関連のアルバムを聴いて過ごすことになりそうです。(^^♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

角松敏生in新潟 雑感

昨夜、角松敏生Performance2006"Player's Player"in新潟に行ってきました。
妻の仕事の関係で、家を出たのが15時過ぎ、新潟市内で軽く夕食を済ませていたら、夕方の渋滞にハマってしまい…。
会場の新潟県民会館に着くも駐車場が満車となっていて、少し離れた駐車場へ。
足早に歩き、開演予定の18時には何とか間に合う。(*_*;
慌ただしかったが、受付でもらったチラシで紙飛行機を折りスタンバイOK!
18時10分過ぎに場内が暗くなり…


以下、一応、ネタバレ注意です。


コンサート・レポートとまではいきませんが、“雑感”ということで。


ステージ・セットは、ニュー・アルバムのジャケットのイメージで後ろに大きな窓が並ぶ。
Prayer(初回生産限定盤)
後方にリズム隊(ベース、ドラムス、パーカッション×2)の4人
中央にキーボード隊の3人
左にコーラス隊の2人
右にギター1人
そして、角松と計11名の大編成でステージが狭く感じる。
セットリストは、ブログからの情報でわかっていたので、流れは把握していた。

千秋さんと凡子さんのコーラス隊、けっこう踊るんだ!声はもちろん圧倒的なものを感じましたが、見ていても楽しめました。
しゃかり+αバージョンの『Always Be With You』はすごく良かった。角松の「痰が詰まったような声」には笑えた。
“生”千秋さんを見ることが出来、感動でした。
「お米が美味しかったです」とのローカル・トークもありました。紙飛行機も投げ返してくれたり…。

ギターは、“伝説のギタリスト”今剛さん。こちらもお初です。
ギターの音はもちろん凄かったですが、その姿も存在感がありました。
照明の具合でステージ後方に今さんのシルエットが大きく映っていたのですが、その影はまるでゴジラのようでした!(笑) 
吠える吠える!ガオー!^^;

新潟公演のベースは、松原秀樹さん。
前回のツアーでも新潟でプレイしましたが、重量感溢れる音、好きです。

角松のライブでは欠かせない存在のパーカッション隊。
特に、田中倫明さんのリズムはアクセントになっていました。

そして、角松さん。
スーツ姿でバッチリと決めて…。
「なじらね」とか、『浜辺の歌』の歌詞を「どうでもいいこてそんげこと」と新潟弁を使ってうけてました。

楽しいアンコール・タイムではお決まりの紙飛行機大会
3機作っておいたものの、イマイチよく飛ばなかった。(T_T)
小学生の息子から良く飛ぶ折り方を習って来るんだったと後悔。

モア・アンコールは予定通り、ニュー・アルバムからの『黙想』
小林信吾さん、千秋さんと3人でしっとりと。
この曲、私的に、このアルバムの中で一番好きな曲です。
良かった!(^^♪
でも、これでコンサートが終わってしまい悲し~い。

私の席は、1階席の後ろから3列目くらいの所でしたが、私の後ろの列にはいっぱい空席が…。
2階席には入っていたのだろうか?
MCで角松も言っていたが、新潟の不敗神話が崩れてしまったと。
前回の新潟公演は、中越大震災の直後ということもあってか2階席は使わないくらいの人数だったのだが、今回もか。
「採算が合わないので弾き語りを練習しています」と笑いのタネにしていたが、悲しいことだ。('_')
何とか次回があるように祈るばかりです。

だらだらと書き綴りましたが、日常を忘れ、夢を見ていた3時間でありました。
ありがとう角松!
ありがとう角松バンドの皆さん!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

今日の紅葉は…?

Koyo11191

Koyo11192

何とか晴れている新潟。
今日も紅葉の写真をアップ。
さて、コレはどこの紅葉でしょう???

答えは…
我が家のトイレの小窓から見える風景です。^^;
なかなかイイ感じでしょ。
四季折々、様々な景色を見せてくれ心が癒されます。
自然てイイな~!

でも、コレは我が家の庭ではなく、隣の家のものです。(^_^;)
いつもありがとうございます。楽しませてもらってま~す。

さて、今夜はいよいよ
待ちに待った角松敏生の新潟公演です!
紙飛行機飛ばしてきますね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

ボージョレ・ヌーヴォー 第2夜

『ジョルジュ デュブッフ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2006キュベ スペシャル』
昨夜いただいたデュブッフ氏のワインですが、田崎氏のモノより落ち着いた感じでした。
香りも味も。
田崎氏のモノの方がフルーティーで華やかで、ヌーヴォーという感じがします。

☆ためになる「ボージョレ・ヌーヴォー講座」コチラを見て

さて、話は変わり…。
先月行われた職場の健康診断の結果が届きました。
昨年ひっかかってしまった血糖値ですが、今年は全く問題ない数値でした。
あとは総コレステロール値が境界線くらいの高さですが、これは毎年のこと。
まずまず良かった。
これでまた気持ち良くお酒が飲めます。
\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

ボージョレ・ヌーヴォー解禁!

昨日11月16日(木)は、ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日でした。(11月の第3木曜日)
私的には、このイベントにそんなにこだわりは無いのですが、いつものようにセブン-イレブンに寄ったら、商品が山積みされてあったので思わず買ってしまいました。^_^;

Bvn2006

ハーフボトル2本セットです。
1本は、ソムリエの田崎真也氏がアッサンブラージュ(調合)したというモノ。
もう1本は、有名なジョルジュ デュブッフ氏が醸造したモノです。
ペア・ワイングラスのオマケ付き ^^;

昨夜、まずは、田崎氏のモノからいただきました。
『シャルル・ドラピエ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2006プレステージ・セレクション』
(写真左のモノです)
ラベルに田崎氏の名前が入っています。
キャップを開けると、甘い香りが漂ってきました。
グラスに注ぎ、口に含むと、ブルーベリー系の味わいが。
軽いけど薄いわけでは無い。
上品な甘みを感じます。
ハーフなので、あっという間に無くなってしまいましたが、美味しかったですよ。

そして、今夜はこれから、もう1本のデュブッフ氏のものを。
フフフ、ワクワク(^.^)


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月16日 (木)

デスノート ~DEATH NOTE~

映画 『 デスノート the Last name を観てきました。

少年誌に連載されていた人気マンガとは全く知らずに、先日、テレビで放送された『 デスノート 前編 』 を見ました。(10月27日の事)
けっこうおもしろくて、後編が11月3日から劇場公開ということで、早く観たいと思い…。
製作サイドの戦略に見事にハマった訳です。(^_^;)

巷の情報によると、小・中学生の観客が多いと言うことですが、さすがに平日には見当たりません。(笑)

そして、後編の感想は…
おもしろかったですよ。(^^)v
テレビの画面とスクリーンとでは、迫力が全然違うし…。
詳しい内容は言いませんが、小学生にはちょっと難しいのでは???
第1のキラは、死神より賢く、冷酷で。
第2のキラは、おバカながら愛情一途で。
第3のキラは、セクシーで。^^;
対する“L”は、ちょっと異様!
ま、興味のある方は観てください。

もし、本物の「デスノート ~DEATH NOTE~」が目の前に落ちてきたら、どうしますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

Andrea Bocelli &南佳孝=エドワード・ホッパー

zzz… しばらく休眠しておりました。

今日は、床屋さんに行って、さっぱりとしてきました。(^.^)
その床屋さんでBGMにかかっていたのが、このアルバム。

AmoreAndrea Bocelli  『Amore: 貴方に贈る愛の歌』
イタリアのテノール歌手 Andrea Bocelli が『アマポーラ』『枯葉』『好きにならずにいられない』などのスタンダード・ナンバーを歌っています。
プロデュースは、なんとデヴィッド・フォスター。
ゲストも豪華です。
心地良くて、顔剃りの時にはウトウトとしてしまいました。(^^ゞ
でも、一番驚いたのは、ジャケットのデザイン!
コレって、南佳孝じゃないの???

Sas_1
南佳孝 『Seventh Avenue South』
大人の歌が満載で、私の大好きなアルバムの1枚です。
ジャケットは、エドワード・ホッパーというアーティストの作品ですが、
やはり同じですよね。
ファンの方ならすぐに気付いたことと思います。
この感じ、南佳孝の曲のイメージには合っていたのに、
こんなことって有りなんですね!
(@_@;)

参考リンク~ その1 / その2

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年11月 5日 (日)

笠掘の紅葉は?

今日は、家族で出かけようかと思い取っておいたお休みでしたが、妻は仕事となり、あえなくボツ!(T_T)
3人で出かけるのも気がひけるので、私も子どもたちも単独行動に。
私は、午後から近くの笠掘ダム周辺までドライブに。
Kasabori1
まだあざやかな紅葉とはなっていませんでした。
Kasabori2
笠掘ダムを後にして、その奥の大谷ダムからさらに奥の方へクルマを走らせて行くと、少しはキレイな感じに。
Kasabori3
まずまずでしょうか…
Kasabori4
山の中ということで、いたるところにこんな看板が。
Kasabori5
コワいコワい!(+_+)

今日のBGMは、コレ↓

Yeah!~イェーイ!
デフ・レパード
Yeah!~イェーイ!
曲名リスト
1. 20thセンチュリー・ボーイ(オリジナル:T.レックス)
2. ロック・オン(オリジナル:デヴィッド・エセックス)
3. ハンギング・オン・ザ・テレフォン(オリジナル:ブロンディ)
4. ウォータールー・サンセット(オリジナル:ザ・キンクス)
5. ヘル・レイザー(オリジナル:スウィート)
6. 10538オーヴァーチュア(オリジナル:エレクトリック・ライト・オーケストラ)
7. ストリート・ライフ(オリジナル:ロキシー・ミュージック)
8. ドライヴ・イン・サタデイ(オリジナル:デヴィッド・ボウイ)
9. リトル・ビット・オブ・ラヴ(オリジナル:フリー)
10. ロックン・ロール黄金時代(オリジナル:モット・ザ・フープル)
11. 嵐の恋(オリジナル:バッドフィンガー)
12. ステップ・オン(オリジナル:ジョン・コンゴス)
13. 甘い言葉に気をつけろ(オリジナル:シン・リジィ)
14. ステイ・ウィズ・ミー(オリジナル:フェイセズ)
15. アメリカン・ガール(オリジナル:トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ)
16. サーチ・アンド・デストロイ(オリジナル:イギー・ポップ)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本場もんのハード・ロック・グループ デフ・レパードのカバー・アルバム。
T.レックスから始まり、フェイセズまでの14曲。
(私のアルバムは輸入盤のため、日本盤ボーナス・トラックの15と16は入っておらず)
いろんな曲をデフ・レパード流に料理して、流石の演奏で聞かせてくれます。
イイ景色とグッドな音楽で、今日もストレス発散!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

吹奏楽とハード・ロック

今日も秋晴れの良いお天気となりました。(^_^)
“紅葉ドライブ”といきたいところですが、娘が参加する「中越吹奏楽フェスティバル」が長岡市立劇場であったので見に行ってきました。
演奏した曲目は、『キューティーハニー』と『交響組曲 パイレーツ・オブ・カリビアン』の2曲。
ご存知の通り、アニメの曲と映画の曲です。
2曲とも知っている曲だったし、70名の編成だったので、なかなか迫力があり楽しめました。(^^♪
娘よ、良かったよ!

演奏を聴いた後は、長岡市内でぶらぶらとショッピングを。
リサイクル・ショップに寄ったら、こんなアルバムがあったのでゲット。

B00029NN4ETMG I (初回限定盤)
TAK MATSUMOTO GROUP ERIC MARTIN JACK BLADES
バーミリオンレコード 2004-06-23

by G-Tools

最近、少々ストレスがたまっていて、クルマの中ではB'zとかのロック系をよく聞いているのですが、このアルバムは、B'zのギタリスト松本孝弘さんのプロジェクト
B'zよりもハードさが増していて、イイですね~。
重厚なサウンドの中で松本さんのギターがキレます!
秋の景色を見ながらクルマを走らせ、ストレス発散!!!
(☆ 定価 3,059円のものが 1,000円で買えたので大満足!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

枯葉

前に記事にした「奥只見」では、葉が散り始めたとか。
そういえば、近くの桜の木の下も落ち葉でいっぱいです。
今日から11月ですからねー。
この時期、必ず聴くアルバムを聴いています。
サムシン・エルス
キャノンボール・アダレイ マイルス・デイヴィス ハンク・ジョーンズ
サムシン・エルス
曲名リスト
1. 枯葉
2. ラヴ・フォー・セイル
3. サムシン・エルス
4. ワン・フォー・ダディ・オー
5. ダンシング・イン・ザ・ダーク

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

説明不要、一家に一枚の超名盤です。 
ディープな秋にピッタリはまります。

話は変わり、先日、県内の道の駅でリラックマ・グッズをゲット!
Rilani1
新潟限定
~米俵でだららん~
携帯クリーナーストラップ

米どころ新潟らしい絵になっています。
当然、他県バージョンもあるのだろうけど、どんな絵になっているか知りたいなー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »